汗がアンモニアくさい?そんな時は要注意

汗がアンモニア臭い!!?
汗をかいてしばらくするとシャツからアンモニア臭が・・・?

確かに汗かきだけどこんなおしっこのような刺激臭がするなんて!?
と驚いてしまう人も多いと思います。

この汗からアンモニア臭がするという場合はいろいろ理由があります

一つは腎臓に異常がある場合になるようですね。
腎臓機能が低下することによって、体の中に尿素が貯まり、それが分解されてアンモニアが発生するということです。

また汗は抹消血管の血液の流れが悪くなった時などにもアンモニア臭を出します、
この場合原因はいくつかありますが、たばこなんかが多いと言われています。

また疲労やストレスなどもこれらの体臭にアンモニア臭が混ざる原因と言われています。

実は筆者も一時期汗がやたらアンモニア臭いという状態になってしまったことがありまして、その時は暴飲暴食さらに喫煙者でした。
さらに運動不足とも重なってもともと汗かきだったのですが、それによって最初は自分は気が付かなかったのですが、
周囲があまりにも体臭がキツイということで指摘されて判明したのです。

 

この場合はクエン酸を摂取するといいと言われています。
クエン酸は乳酸の生成や、腸内でアンモニアの元となるウレアーゼを生成する雑菌を抑え、アンモニアを排出しやすい身体の環境を整えます。

クエン酸を多く含む食品

クエン酸は柑橘類などに含まれる有機化合物で、
ヒドロキシ酸の一つです
クエン酸を多く含む食品はレモン、グレープフルーツ、黒酢、アセロラ、梅干しなどがあります。

またクエン酸には疲労回復効果や血液さらさら効果
などの効果もあります。
疲れた体の疲労した部分を補ってくれる効果など体臭予防以外にも様々な効果があるとされています。

また体臭予防の観点から見て可能であれば暴飲暴食や喫煙は控えるべきです。
喫煙は加齢臭、口臭などのいろいろな体臭の原因とされていますし、タバコの煙自体がかなり臭うからです。
体臭と混ざることでさらに悪臭を放ってしまうので可能な限り油こい食事や喫煙は控えましょう。

汗のニオイはどうやって落とす?

洗濯してるのに汗のニオイが消えない、
洗濯したばかりなのに汗のニオイがすぐにでてくる、
何度も洗濯しても服が臭い

という現象に悩んでる人が多いと思います。

実は洗濯しても汗に含まれる分泌物によっては衣類に染み付いてる場合があります。
もちろん洗濯すればある程度は落ちるのですが、汚れによってはそのまま染み付いてしまい取れずに、
また汗をかいたり、体温、湿度などの条件が整うと汗臭いニオイを発生していしまうのです。

特にワキガ、加齢臭などは水には溶けにくい、しかも衣類に付着すると落ちにくいという性質があります。

洗濯してもワキガや加齢臭のニオイが落ちないというのは服にその臭いの物質がこびりついてるからです。

また注意したいのが加齢臭などにニオイは年齢を重ねることで発生するのですが、若いうちに汗の酸っぱいニオイ、
いわゆる汗臭いニオイがするという場合はこれがのちに加齢臭となる場合があるのです。

つまり若いうちは汗臭い、年齢を重ねるとそれらの成分の性質が変わってきて、同じように汗をかいても
加齢臭となるのです。

 

特に皮脂汚れなどはなかなか落ちにくいうえ、水にも溶けにくいという特徴があります。
ですのであまりにも洗濯しても臭いが消えないという場合は専用の体臭予防洗剤を使ってみるのも対策の一つです。

実は洗濯の種類によって加齢臭対策ができるものもあります。
主に有名なのは魔女っ子などの加齢臭専用洗剤です。

魔女っ子が普通の洗剤と異なるのは加齢臭の原因の分解と加齢臭そのもの予防ができるという事です、
含まれるカキタンニンによって汗のニオイを抑え、なおかつ衣類にこびりついた洗剤を天然成分によって分解することでしつこい体臭を抑えることができるとされています。

汗のニオイ専用の洗剤を使う

また洗剤以外にも汗のニオイの原因そのものを改善することは可能です。
最近は加齢臭や汗臭、ワキガなどのニオイ物質を体内で分解してしまうサプリメントも販売されています。
これらは体臭の原因物質が体内で作られることに着目し、体の中でその物質そのものをニオイにくくする物質に変えて、体の外に出すという性質があり、体臭を抑えるという観点から実に理にかなった体臭予防と言えます。
もちろん体質によってこれらの効果が出やすい人やそうでない人もいるのですが、汗の臭い対策ができる専用洗剤などと併用しながら使っていくと効率よく汗のニオイを防ぐことができます。

汗をかくのは人間の生理的に仕方ないことですが、あらかじめ対策をしておくことで汗のニオイはある程度防ぐことはできるのです。

脇汗が止まらない?そんな時にはこの方法

脇汗が止まらない!いくら拭いても脇から汗がどんどん出てきて止まらない悩みの人って結構多いんです。
しかも脇汗の厄介なところは夏場はもちろん冬場でも汗がでてきてしまうことです。
人によっては臭いが出たり、シャツが黄ばんだり、脇に白い粉がふいてしまう場合もあります。

暑いのに脇汗、そして寒くても脇汗という人もいるくらいですね。
では他の汗とはちょっと違うこの脇汗、その原因とは何なのでしょうか?

脇汗の原因とは?

脇汗の原因は個人差があり、いろいろなものがあります。
もちろん汗なので気温が原因ということが多いのですがホルモンバランスの崩れや病的なもの、体質的なものや肥満、食品によるものがありますが、もっともな原因とされるのが、ストレスによるものです。

これは精神的なものを起因として、ストレスなどによって汗が出てくるものでいわゆる多汗症と言われるものです。
多汗症は脇汗だけではなく、人によっては顔、胸、頭などいろいろな部位があるようです。

特にストレスと汗の関係は多く、ストレスにより男性ホルモン、副腎皮質ホルモンやアドレナリンを大量に放出し皮脂の分泌を促すこともあります。
冷や汗などもストレスによる汗ですね。

また脇にはアポクリン汗腺も多いことから、生まれつきこのアポクリン汗腺が多い人はストレスによって脇汗が出てしまい、さらにアポクリン汗腺からワキガ臭がするということになります。

脇汗を止めるには?

脇汗を止めるには脇汗パッドが一般的ですが、これはあまりに多い脇汗の場合はパットも吸収しきれなくなります。
また、脇汗は二時間ほど経つと空気中の雑菌によって臭いを発生する場合があります。
少量であれば脇汗パッドでもいいのですがあまりにも多い場合は制汗剤を使うことをおすすめします。
以前の制汗剤は粉をスプレーなどによって噴射して粉が汗を吸着するというものが多かったのですが、これも脇汗の量が多いとほとんど効果はありません。
ですので最近では塗るタイプの制汗剤があり、これらは汗腺そのものにふたのような状態となって脇汗を止める効果があります。
それでもダメな場合はボトックスなどの汗腺の神経を鈍くして脇汗を止めるという方法もありますが、費用がかかるのでよほど気になる場合以外はおすすめできません。
汗そのものは体温調整のために必要な体の機能なのですがこまめにふき取る、制汗剤などで抑えるなどがもっとも簡易だと言われています。

手汗が止まらない?そんなときは?

汗を止める手術(ETS手術)についてですが、
これは、手汗をボトックス注射などを行い、神経を麻痺させることで手汗を出にくくするという手術です。
ETS手術は効果が強く、一度の手術で手汗が出てこなくなるという人が大半ですが、実は落とし穴があるのです。

以前テレビでも放送されておりましたが、手汗が酷い場合でETS手術を行った場合には、人によっては
手汗は止まったものの、別の体の部位から汗が出てくるという現象に見舞われるというケースが頻繁におきているのです。

これは代償発汗と呼ばれる現象で、手汗が止まったものの、別の体の場所から手汗の代わりのように汗が吹き出してしまう
現象のことです。

代償発汗になった場合に汗が吹き出る場所は様々で、頭のてっぺんから滝のように汗が吹き出してくる人もいれば、
それまでまったく出なかった脇から汗が吹き出してきたり、その他にも胸や背中から汗が手汗の代わりに吹き出してくるという
恐ろしい状態になってしまうのです。

手汗は治ったものの他の場所が手汗が止まらない状況だったときと同じ状態になってしまうわけです。
また背中は皮脂腺も多いことから頻繁に汗をかくと体臭の原因にもなり、さらに困った状態となりうるのです。

汗と体臭、汗そのものが臭くなる原因とは?

体臭と汗は非常に関係が深いと言えます。
どの体臭も汗の出る「汗腺」を介して発生するからです。

実は汗の出る「汗腺」は様々な種類があります。
汗そのものは臭いはないのですが、汗腺によってその臭いの種類などが異なります。

例えば加齢臭などは皮脂腺と呼ばれる皮脂が分泌される汗腺から臭って来ます。
これは汗とともに出てくる皮脂が酸化したり、空気中の細菌と結びついて発性するからです。

またワキガも同様でキツイ刺激臭がしますが、アポクリン汗腺と呼ばれる汗腺から出てくる分泌物と空気中の細菌が結びつくことでこれも体臭の原因となります。

その他にも汗に含まれる他の成分(アンモニアなど)も体温、湿度などにより酸っぱい臭いを出す場合もあります。
汗は体温調節のために必ず必要な体の機能なのですが、やはり体臭という点においては困ってしまう場面も多いでしょう。

汗を止めるには?

汗を止めるには体温を下げることが最も効果的とされています。
体温を下げるにはリンパを冷やすことで効率よく体温を下げることができます。

また汗を止めるツボなどもありますが、人によって効果はまちまちのようです。
特に精神的な汗というのは厄介で多汗症などもそうですが、必要以上に汗をかく場合があります。
また部位によって汗が大量に出てしまうなどの場合は専用の汗止め剤などを使用することをおすすめします。
ワキや足、顔などは多汗症の人は非常に大量の汗をかく場合があります。

特に顔の汗は皮脂腺も多くあるので、皮脂汚れが流れて衣類や体表にこびりついてそれらが体臭の原因となる場合もあります。

顔などの場合は制汗剤などは使用することが難しいので対処が難しいのですが、ワキや足などは予防策として最近では専用の制汗剤が販売されています。
以前は汗の水分を吸着するタイプの制汗剤が多かったのですが、最近では汗腺にふたをするような形で汗そのものを封じてしまう制汗剤もその効果から流行っています。

また、汗による体臭が気になる場合はこまめにふき取ることも重要です。
汗の湿度によって細菌が活発になる適温となってしまう場合があるからです。

特に胸や背中などは臭いが衣類によってこもりやすく体臭も発生しやすい部位です。
また加齢臭などは頭皮から流れた汗が襟元に付着して臭いを発生しやすいので、汗を大量にかいてしまった場合などはこまめに服を取り換えましょう。

汗は体には必要な機能ではありますが、どうしても体臭の原因となってしまう場合が多いので適切な対応が必要と言えます。

汗のニオイを抑えるには?

・洗濯してるのに服が汗臭い(ムアッとする臭いから酸っぱいニオイまでさまざま)
・体を洗ってるのに汗をかくと体臭が出てくる
・汗をかくと魚の腐ったような体臭がする
・洗濯物が皮脂臭い

意外とこの汗の体臭は加齢臭と同じ皮脂腺から発生するケースが多く、背中や首回り、ワキなどからすることが多いのではないでしょうか?

従来のフレグランス、制汗剤はあまり効果がない

一時期流行りましたが、汗の制汗剤などが流行りました。
ただ、これらは汗の量そのものが多いとすぐに流れてしまったり、体臭が強い場合はその体臭に負けてしまい効果が薄いとされていました

体臭サプリが体臭を抑える時代に
体や衣類をしっかり洗ってるのに体臭がするという場合、原因は体の酸化や、体質、体調不良、運動不足による毛穴のつまりなど様々なものがあります。
これらの体臭の対策として最近注目されてるのが体臭サプリメントです。

体臭サプリは従来、芳香成分などを配合し、毛穴や汗などにその成分が体表に出ることでいい香りを出すというものが多く販売されてました。
ただ、これらの体臭サプリの場合、従来のニオイそのものは消えてないので、芳香成分と混ざり、不快なニオイになる場合も多かったのです。
また人によってはその芳香成分そのものが「香水くさい」「気分が悪い」と感じる人も多かったといわれています。

体臭そのものを臭い難くする

そこで体の中のニオイ成分そのものを臭い難くするという点において開発されたのが新たな体臭サプリです。
これらは体臭に含まれる臭い成分を体内で分解して臭い難くしたり、ニオイ物質を臭いにくくするという効果があるとされています。
中でもSHUNAXは汗のニオイ、体臭、口臭、加齢臭、デリケートゾーンの体臭から便臭まで幅広く効果があると言われています
これは体内でその臭いの原因そのものを分解、臭い難くするためと言われています。