体臭の種類とそれぞれの対策方法

体臭を消すにはそれぞれの体臭の種類にあった体臭の予防が必要となります。

体臭には人間本来の体臭が強い人の独自の体臭以外に加齢臭や腋臭などがあります、
また、汗を放置することでも体臭が出てくる体質の人がいるためそれぞれの体臭にあった消し方が必要です。

汗の臭い

汗をこまめにふき取ることが望ましいのですが、多汗症の場合などは汗吸収のシャツを着る、体臭サプリなどを飲むことで汗の体臭を抑えることができます。
また、最近は毛穴に直接作用する制汗剤もありますのでそれらを使用すると汗をかきにくくすることもできます。

体臭独特の臭い

もともと人間には体臭が存在しますがそれらがなんらかの原因やもともとの体質により人より体臭がきつくなるというケースが存在します。
これらは体臭を抑えるサプリメントなどでだいぶ改善されます。
体臭の原因はおもに体内で作られる物質が汗などに交じって体から匂いを発することで起きます。
ですので体内の臭いのもとを抑えるタイプの体臭サプリメントなどがおすすめです。

腋臭の臭い

腋臭は主にアポクリン汗腺と呼ばれる汗腺が多い人が出やすく、これらは汗腺であるために通常の方法では臭いをとることはできません。
手術などもありますが、殺菌効果の高いデオドラントスプレーなどを使用するほか、体臭を抑えるサプリメントなどでも改善することが可能です。

加齢臭の臭い

加齢臭をなくすにはまずは生活習慣を変える必要があります、加齢臭の主な原因は皮脂から出てくる物質です。
一時はノネナールが加齢臭の原因と言われてきましたが、最近の研究で

加齢臭はその名の通り、加齢によって臭いが出てきます。
つまり老化による体の細胞の衰えによるものです。

老廃物が加齢により臭いの出やすい物質になるために加齢臭が発生するのです。

体臭予防はその根本的な原因の解決から

体臭を予防したいのであれば体臭の根本原因を改善していくことが重要です。
体臭にはいくつか種類がありますが、大きくわけると加齢臭のような皮脂系の酸化した体臭、そしてワキガのような体質による体臭、汗のニオイがあります。
厳密にいうと口臭なんかも体臭の一つなのですが、今はとどめておきます。

体臭はまずは加齢臭などの皮脂系のニオイがあります。
これは皮脂が酸化したニオイなのですが、文字通りこの皮脂は皮脂腺と呼ばれる汗の汗腺から出てきます。
皮脂腺は全身にあるわけではなく主に背中や顔、耳の裏などにあるとされています。

体臭を予防するうえでこの汗腺の違いによる体臭の区別は必要なのですが、脂汚れなので通常は洗濯などで取れるのですが、一部の成分が分解されないまま衣類にこびりつき、それがニオイを発する場合があるのです。
加齢臭などは服を脱いでも臭いというのはこのことが理由としてあげられます。

また加齢臭だけでなく若い人もでも生活環境が悪いとこの皮脂が粘り強くなるつまりドロドロとした感じになり、皮脂の体臭がします。
いわゆる独身男性に多い皮脂臭ですね。
刺激臭ではないのですが不快なニオイがします。
本人は気が付かないことが多いのですが、厄介な体臭であるのは間違いないのです。
これらの皮脂臭の場合は洗剤をそれ専用のものに変えるなどすることが必要です。

今までは加齢臭専用の洗剤はなかったのですが、最近はいくつか種類が出てきています。
加齢臭の原因であるノネナール臭も改善できるので最近は加齢臭の予防策として人気です。

またワキガなどの刺激臭がする臭いはほとんどがアポクリン汗腺と呼ばれる汗腺によるものです。
加齢臭とは違い、皮脂ではなくアポクリン汗腺という汗腺から出る物質が空気中の雑菌などと結びつくことで発生するニオイで刺激臭がします。

このアポクリン汗腺はアンモニアなどの刺激の強いニオイを出す物質も分泌するので体臭の中でもかなりニオイがキツイのですが、
厄介なのはもともとこのアポクリン汗腺が多い人がなりやすく改善しにくいことがあげられます。

ワキガの対策としては主にワキガサプリなどのサプリメントなどで体の中からワキガのニオイの原因物質を取り除くことが重要なのですが、
最近のサプリはかなりこのことが機能的になり、ワキガのニオイ物質を分解、しニオイがしにくい状態にして体の外に出しにくくするという性質があります。
最近はいろんな種類の体臭予防サプリが販売されており、加齢臭や口臭にも効果があるものがあるためにワキガなどの予防法と合わせて併用してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です