汗と体臭、汗そのものが臭くなる原因とは?

体臭と汗は非常に関係が深いと言えます。
どの体臭も汗の出る「汗腺」を介して発生するからです。

実は汗の出る「汗腺」は様々な種類があります。
汗そのものは臭いはないのですが、汗腺によってその臭いの種類などが異なります。

例えば加齢臭などは皮脂腺と呼ばれる皮脂が分泌される汗腺から臭って来ます。
これは汗とともに出てくる皮脂が酸化したり、空気中の細菌と結びついて発性するからです。

またワキガも同様でキツイ刺激臭がしますが、アポクリン汗腺と呼ばれる汗腺から出てくる分泌物と空気中の細菌が結びつくことでこれも体臭の原因となります。

その他にも汗に含まれる他の成分(アンモニアなど)も体温、湿度などにより酸っぱい臭いを出す場合もあります。
汗は体温調節のために必ず必要な体の機能なのですが、やはり体臭という点においては困ってしまう場面も多いでしょう。

汗を止めるには?

汗を止めるには体温を下げることが最も効果的とされています。
体温を下げるにはリンパを冷やすことで効率よく体温を下げることができます。

また汗を止めるツボなどもありますが、人によって効果はまちまちのようです。
特に精神的な汗というのは厄介で多汗症などもそうですが、必要以上に汗をかく場合があります。
また部位によって汗が大量に出てしまうなどの場合は専用の汗止め剤などを使用することをおすすめします。
ワキや足、顔などは多汗症の人は非常に大量の汗をかく場合があります。

特に顔の汗は皮脂腺も多くあるので、皮脂汚れが流れて衣類や体表にこびりついてそれらが体臭の原因となる場合もあります。

顔などの場合は制汗剤などは使用することが難しいので対処が難しいのですが、ワキや足などは予防策として最近では専用の制汗剤が販売されています。
以前は汗の水分を吸着するタイプの制汗剤が多かったのですが、最近では汗腺にふたをするような形で汗そのものを封じてしまう制汗剤もその効果から流行っています。

また、汗による体臭が気になる場合はこまめにふき取ることも重要です。
汗の湿度によって細菌が活発になる適温となってしまう場合があるからです。

特に胸や背中などは臭いが衣類によってこもりやすく体臭も発生しやすい部位です。
また加齢臭などは頭皮から流れた汗が襟元に付着して臭いを発生しやすいので、汗を大量にかいてしまった場合などはこまめに服を取り換えましょう。

汗は体には必要な機能ではありますが、どうしても体臭の原因となってしまう場合が多いので適切な対応が必要と言えます。

汗のニオイを抑えるには?

・洗濯してるのに服が汗臭い(ムアッとする臭いから酸っぱいニオイまでさまざま)
・体を洗ってるのに汗をかくと体臭が出てくる
・汗をかくと魚の腐ったような体臭がする
・洗濯物が皮脂臭い

意外とこの汗の体臭は加齢臭と同じ皮脂腺から発生するケースが多く、背中や首回り、ワキなどからすることが多いのではないでしょうか?

従来のフレグランス、制汗剤はあまり効果がない

一時期流行りましたが、汗の制汗剤などが流行りました。
ただ、これらは汗の量そのものが多いとすぐに流れてしまったり、体臭が強い場合はその体臭に負けてしまい効果が薄いとされていました

体臭サプリが体臭を抑える時代に
体や衣類をしっかり洗ってるのに体臭がするという場合、原因は体の酸化や、体質、体調不良、運動不足による毛穴のつまりなど様々なものがあります。
これらの体臭の対策として最近注目されてるのが体臭サプリメントです。

体臭サプリは従来、芳香成分などを配合し、毛穴や汗などにその成分が体表に出ることでいい香りを出すというものが多く販売されてました。
ただ、これらの体臭サプリの場合、従来のニオイそのものは消えてないので、芳香成分と混ざり、不快なニオイになる場合も多かったのです。
また人によってはその芳香成分そのものが「香水くさい」「気分が悪い」と感じる人も多かったといわれています。

体臭そのものを臭い難くする

そこで体の中のニオイ成分そのものを臭い難くするという点において開発されたのが新たな体臭サプリです。
これらは体臭に含まれる臭い成分を体内で分解して臭い難くしたり、ニオイ物質を臭いにくくするという効果があるとされています。
中でもSHUNAXは汗のニオイ、体臭、口臭、加齢臭、デリケートゾーンの体臭から便臭まで幅広く効果があると言われています
これは体内でその臭いの原因そのものを分解、臭い難くするためと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です