加齢臭は背中、首、頭皮の皮脂をしっかりケアして抑える

首や背中が加齢臭臭いと感じたことありますか?

加齢臭といえば皮脂クサイ、すえたにおいがしますよね?

首や背中の加齢臭の原因は耳の周辺にあるアポクリン汗腺が原因の場合があります。
耳の周辺にはアポクリ汗腺があります。
アポクリン汗腺からはタンパク質、糖類、アンモニア、鉄分、脂質など臭いの元となる物質が
分泌されます。

これらは体質により加齢臭でなくてもに臭い人もいるわけです
ワキガなんかがそうですね。

よく耳の裏が臭いと言われるのはこのためです。
その耳の裏側から汗などにより首の周辺まで臭くなるのです。

加齢臭の場合は皮脂腺が原因です、皮脂腺から出た汚れや脂質が体の外のバクテリアなどと結びつき、
あの加齢臭のノネナール臭を発生させるのです。

背中に関してもこの首周辺のアポクリン汗腺からの臭いがでるため背中が臭くなるのです。

ただ、背中の場合、皮脂が多いのも特徴です。
背中にニキビができやすいのもそのためですね。

この皮脂が若いうちはそれほどでもないのですが、加齢によりだんだん悪臭を放つ物質が増えてくるわけです。
しかも加齢臭はからだの中からにおってくるので、いくら体を洗っても
臭いが取れないわけです。

この加齢臭の対策としては体質改善などが必須となります。
加齢臭は食べ物や生活環境によりキツくなったり改善できたりします。

今もし加齢臭で悩んでいるのであれば、体質を改善することが重要です。

また、最近は強力な加齢臭を消す下着なども開発されています。
中と外から加齢臭の対策をすることで大幅な改善が見込めるわけです。

年齢だ加齢だとあきらめてしまう方も多いのですが加齢臭は改善できますので安心してください。

またスポーツでも加齢臭の改善はできます。
実際に運動をよくする方は加齢臭は少ないのです。

逆に運動しない人は普段から汗をかかず、汗が出にくくなっているため加齢臭がでやすいという傾向もあるのです。

適度な運動も加齢臭対策には有効ということですね。

皮脂を抑えるには?

加齢臭を根本原因からなくすために行いたいのが
まずは食事や生活環境の改善です。

加齢臭の原因はノネナール臭ですが、そのノネナールは皮脂腺からでた脂が原因で発生します。

年齢を重ねるとどんどんこの皮脂が酸化しやすくなり加齢臭がきつくなるのです。

加齢臭は運動不足による代謝の低下、加齢による細胞の低下などが原因の場合が多く、これらを改善することで大幅に減らすことができます。

人によっては体質により加齢臭が出やすくなるという場合があるのですが、これらも体質改善することで改善は可能です。

生活環境が皮脂を増やし、においを強くする

実際に私も20代後半から加齢臭がでましたが、当時の生活は毎日お酒を飲む、タバコを吸う、運動しないと
体に悪いことだらけでした。

加齢臭というと40代からと比較的中年の方が放つ体臭のように感じるのですが、実は生活の環境が悪いと20代でも
体が年齢に反して老けてしまい、加齢臭が出てしまうのです。

加齢臭の根本原因は加齢や体が加齢したように衰えることで代謝が悪くなることが主な原因とされています。

もちろん女性も加齢臭が出てくるので注意が必要です。

加齢臭の根本原因を改善するためにはまずは食事の改善が必要です。
脂っこい食事、毎日の飲酒は加齢臭を出す原因となります。

またタバコは体にニコチンを入れる行為や毛細血管を収縮するため加齢を急激に招くのです。
タバコを吸う人と吸わない人では体の老化の進行が大幅に違うという研究結果もあるほどです。

これらのことからもわかるとおり加齢臭を改善するということは体質を改善して
体にもいいことが多いので根本原因の改善は健康のためにも行いたいことです。

いずれにせよ加齢臭は体質改善により大きく改善できるので是非とも取り組んでいただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です